スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

思うこと〜2017 /2 /11

《トランプ大統領、入国禁止差し止めた判事に暴言 》:

日本でこんな暴言を吐けば大騒ぎだろう。知識階級を疎む米国のプアーホワイトは喝采しているのだろう。米国を支えているのはインテリではない我々なのだと。スタインベックやフォークナーやコードウエルを読み直して欲しい。

 

 

《東京都の豊洲市場(江東区)をめぐる問題で、都議会の特別委員会が石原慎太郎元知事の参考人招致を決めたことに対し、石原氏は8日、都内で記者団に「喜んで応じる。絶好の機会だから、知っていることを全部話す」と述べた。小池百合子知事の公開ヒアリングにも応じる意向を明らかにした》:

地域開発の専門家として豊洲開発に興味を持っていた僕はこの件には本当に興味がある。この地権者は機会利益として都心に近い豊洲ウオーターフロントの新規事業を計画をして専門家のD鉱業に委託して土壌改良をした。突然に東京都から築地市場の用地としての売却要請があった。アミューズメント施設に必要な土壌改良費を《1》とすれば生鮮食品市場のための土壌改良費は《4》になるのは誰がみても明らかだった。地権者が渋ったのは当然だった。地権者が瑕疵担保責任を逃れて譲渡したのはギリギリの譲歩だったのだろう。その経緯を僕は知りたい。記憶は確かではないが譲渡価格は540億円と聞いている。地下鉄駅ができて整備が進んだ豊洲の不動産価格は倍近くになっている。売却した地権者の含み損は本当に大きなものだ。

Lauburu | 東京で | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

思うこと〜2017 /2 /11

《トランプ大統領、入国禁止差し止めた判事に暴言 》:

日本でこんな暴言を吐けば大騒ぎだろう。知識階級を疎む米国のプアーホワイトは喝采しているのだろう。米国を支えているのはインテリではない我々なのだと。スタインベックやフォークナーやコードウエルを読み直して欲しい。

 

 

《東京都の豊洲市場(江東区)をめぐる問題で、都議会の特別委員会が石原慎太郎元知事の参考人招致を決めたことに対し、石原氏は8日、都内で記者団に「喜んで応じる。絶好の機会だから、知っていることを全部話す」と述べた。小池百合子知事の公開ヒアリングにも応じる意向を明らかにした》:

地域開発の専門家として豊洲開発に興味を持っていた僕はこの件には本当に興味がある。この地権者は機会利益として都心に近い豊洲ウオーターフロントの新規事業を計画をして専門家のD鉱業に委託して土壌改良をした。突然に東京都から築地市場の用地としての売却要請があった。アミューズメント施設に必要な土壌改良費を《1》とすれば生鮮食品市場のための土壌改良費は《4》になるのは誰がみても明らかだった。地権者が渋ったのは当然だった。地権者が瑕疵担保責任を逃れて譲渡したのはギリギリの譲歩だったのだろう。その経緯を僕は知りたい。記憶は確かではないが譲渡価格は540億円と聞いている。地下鉄駅ができて整備が進んだ豊洲の不動産価格は倍近くになっている。売却した地権者の含み損は本当に大きなものだ。

Lauburu | 東京で | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

思うこと〜2017 /2 /11

《トランプ大統領、入国禁止差し止めた判事に暴言 》:

日本でこんな暴言を吐けば大騒ぎだろう。知識階級を疎む米国のプアーホワイトは喝采しているのだろう。米国を支えているのはインテリではない我々なのだと。スタインベックやフォークナーやコードウエルを読み直して欲しい。

 

 

《東京都の豊洲市場(江東区)をめぐる問題で、都議会の特別委員会が石原慎太郎元知事の参考人招致を決めたことに対し、石原氏は8日、都内で記者団に「喜んで応じる。絶好の機会だから、知っていることを全部話す」と述べた。小池百合子知事の公開ヒアリングにも応じる意向を明らかにした》:

地域開発の専門家として豊洲開発に興味を持っていた僕はこの件には本当に興味がある。この地権者は機会利益として都心に近い豊洲ウオーターフロントの新規事業を計画をして専門家のD鉱業に委託して土壌改良をした。突然に東京都から築地市場の用地としての売却要請があった。アミューズメント施設に必要な土壌改良費を《1》とすれば生鮮食品市場のための土壌改良費は《4》になるのは誰がみても明らかだった。地権者が渋ったのは当然だった。地権者が瑕疵担保責任を逃れて譲渡したのはギリギリの譲歩だったのだろう。その経緯を僕は知りたい。記憶は確かではないが譲渡価格は540億円と聞いている。地下鉄駅ができて整備が進んだ豊洲の不動産価格は倍近くになっている。売却した地権者の含み損は本当に大きなものだ。

Lauburu | 東京で | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

思うこと〜2017 /2 /11

《トランプ大統領、入国禁止差し止めた判事に暴言 》:

日本でこんな暴言を吐けば大騒ぎだろう。知識階級を疎む米国のプアーホワイトは喝采しているのだろう。米国を支えているのはインテリではない我々なのだと。スタインベックやフォークナーやコードウエルを読み直して欲しい。

 

 

《東京都の豊洲市場(江東区)をめぐる問題で、都議会の特別委員会が石原慎太郎元知事の参考人招致を決めたことに対し、石原氏は8日、都内で記者団に「喜んで応じる。絶好の機会だから、知っていることを全部話す」と述べた。小池百合子知事の公開ヒアリングにも応じる意向を明らかにした》:

地域開発の専門家として豊洲開発に興味を持っていた僕はこの件には本当に興味がある。この地権者は機会利益として都心に近い豊洲ウオーターフロントの新規事業を計画をして専門家のD鉱業に委託して土壌改良をした。突然に東京都から築地市場の用地としての売却要請があった。アミューズメント施設に必要な土壌改良費を《1》とすれば生鮮食品市場のための土壌改良費は《4》になるのは誰がみても明らかだった。地権者が渋ったのは当然だった。地権者が瑕疵担保責任を逃れて譲渡したのはギリギリの譲歩だったのだろう。その経緯を僕は知りたい。記憶は確かではないが譲渡価格は540億円と聞いている。地下鉄駅ができて整備が進んだ豊洲の不動産価格は倍近くになっている。売却した地権者の含み損は本当に大きなものだ。

Lauburu | 東京で | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

思うこと〜2017/2/4

《安倍首相が、2月10日に予定している日米首脳会談のあとに、トランプ大統領と共にゴルフをする方向で調整していることがわかった。ゴルフ外交を通じて、日米同盟の強固な関係を示す狙いがあるとみられる》:

トランプは勝つのではないかと思っていた僕は安倍首相が心中を覚悟でトランプに賭けたのではないか。そうは簡単にトランプは潰れないと思うから。プアーホワイトと言われる人たちに僕は好感を持っていた。天動説を信じるような教養はないが好人物たちだった。安倍氏は先ずはトランプを取り込んでからその後の戦略を考えているのではないか。と僕は信じたい。

 

豊洲の土壌汚染が問題になっている。僕は1962年から3年間東京ガス豊洲工場に勤務していた。高度成長の歪みで水俣病、神通川イタイイタイ病、四日市喘息、晴海喘息などが続出していた時代だった。豊洲工場でもベンゾールを含むタールを地中に埋めることもあった。ヒ素を使うプラントの責任者だったときヒ素は生殖機能を害するのが分かっていたので現場作業員が『あなたは25歳で未婚ですから子持ちの我々がヒ素を扱いますよ』。豊洲でヒ素が検出されたとき僕は驚かなかった。僕はその後東京ガスを去って不動産開発の仕事に転進した。時が経過して豊洲の再利用の計画が始まったとき、コスタデルソルやボルチモアの再開発を見てきた僕も色々と意見を述べたし他のスタッフもそうだった。都心に近いウオーターフロントは夢を描くのには最高の立地だった。parón(急停車)。東京都が豊洲を譲渡せよと要求したという。道路占用料を納めて道路を使わせてもらっている東京ガスは断る術はなかったのだろう。生鮮食品を扱う施設のための土壌改良をするには費用は幾何級数的に上がるのは明らかだった。そのとき僕は思った。オレの知ったことか。石原に訊けば良い。

 

《日米安保条約について「冷戦期の産物で、中国の領土主権や正当な権益を損なうことがあってはならない」:朝日新聞ディジタル》:時代錯誤の覇権主義(領土拡大主義)を進んでいる中国の精神構造が笑わせる。

Lauburu | 東京で | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

思うこと〜2017/2/1

《「テロ対策」を名目に、難民や中東・アフリカ7か国の国民の入国を一時禁止する大統領令が激しい批判を呼んだことに反応したようで、トランプ大統領はニューヨーク・タイムズ紙を名指しして「尊厳をもって廃刊させるべきだ!」と罵倒した》:

僕は  二つの感想を持った。第一に日本とは比べようもない米国中西部を中心にした知的レベルの低い自大主義のプアーホワイトを取り込んだトランプの戦術の結果だと思う。大統領就任演説の言葉は英語を理解する日本人なら誰でもわかるもので難しいこと世界的なことは一切言わなかった。プアーホアイトに合わせたものだとすぐにわかったはずだ。第二に僕はトランプが勝つのではないかと思ったのは、足が地についていないリベラルに愛想をつかせていた大衆の心理をトランプは利用したのだろう。僕が危惧するのは日本の保守勢力の後押しをしているのはリバラルを標榜するメディアの奇妙な理想主義ではないのだろうか。米国の轍を踏むのは御免だ。

 

最近日本や世界ではG・オーウエルの「1984」や「animal farm」が読まれているという。何を今更と思う。僕は20歳前後の時に読んで自分の思考に取り込んでいたから。笑い話だが入社3年後に新人現場作業員を育てる兄貴分の「big brother」というリーダー制度を作った。僕は「1984」を引用して進言して「それはいけませんよ」。こたえは「お前の屁理屈などたくさんだ消え失せろ」

 

《トランプ米大統領による中東・アフリカ7カ国からの一時入国禁止や難民受け入れ停止をした大統領令の是非に関し、ロイター通信が全米50州で実施した世論調査で49%の人が賛成し、反対の41%を上回っていることが分かった》:

病的なxenophobiaの日本人は同意せざるを得ないだろう。

Lauburu | 東京で | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

思うこと-2017/1/28

サルバドール・ダリがヒトラーを評して言った言葉がある:《ヒトラーは凄いやつだ。俺はキチガイの振りをしているだけだが、ヤツは本当のキチガイだからだ》。僕はトランプは票欲しさでアホの振りをしているのだと思っていたが本当にアホだった。

 

脳梗塞を経験して《高齢者は明日も生きていると思うのは間違いだ》と思った。発病から1年半経って署名の字が書けるようになったので公正証書遺言をつくることにした。公正証書の実効性が初めてわかる。何しろ微に入り際にわたり厳密なのだ。ボケる前に気がついて良かったとつくづく思う。

 

トランプが執務室のカーテンを金色にした写真を見て思う。ヤボテン(谷保天)とはこうゆうことだよねと。だが再び思う。東京には谷保天満宮、亀戸天満宮、湯島天満宮があって最も歴史があるのは国立市の谷保天満宮だ。造りが質素なので江戸っ子はトランプ流キンキラキンの亀戸天や湯島天に比べてヤボテンと云ったらしい。道真公はどちらを好むのだろうか。

Lauburu | 東京で | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

思うこと〜2017/01/23

米国を考える。衛星が撮った米国の夜景を見ると明るい地帯と暗い地帯がはっきりと分かる。これが民主党と共和党の勢力図に一致する。日本の自称知識人たちは明るい地帯の知識で論を立てている。それは間違いだ。トウモロコシやむぎ畑が広がるパンケーク地帯といわれる米国中西部にほっぽり出された僕はトランプの《インチキ人民富国論》を民衆が支持するのは理解出来る。僕は思う。トランプ氏の主張は日本の左派勢力の偏狭な主張との相似形だなと。

 

 

欧州ではフランス、オランダ、ドイツの右派勢力が声高になり始めた。リベラルを標榜する米国のメディアを無視するトランプ大統領がリベラルにあらずば反知性だというくびきを外してしまったからだろう。僕は右翼を唾棄すべき存在と思っている。反面で危惧してきたのは世界の情勢を無視して現実離れした観念で理想論を語るリベラルこそが右翼を醸成することだった。

 

 

稀勢の里が19年振りに日本人横綱になるというので日本中が湧いている。素敵なことだ。僕は相撲が国際化した結果だと思う。ウインブルドンで英国人(スコットランド人)のアンディー・マレーが頂点に立ったのは77年振りだったし、ツールドフランスではベルナール・イノーが勝って以来32年フランス人は頂点に立っていない。スポーツの世界では《We are the first》などと云って欲しくない。

Lauburu | 東京で | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

思うこと〜2016/1/10

小池都知事の都議会議員候補の選抜試験に2000人が集まったという。試験問題を見て驚いた。僕は完全に落第だからだ。だが僕には自分の哲学がある。組織のリーダーには別の資質が要求されるのでペーパーテストで一時選別するのは如何な物かとは思う。だが僕は小池氏の行動を否定しない。このような常識の確認をしていたら、憲法第4条を無視して天皇に直訴状を差し出した山本太郎や下品な色気過剰の下西小百合や出腹を売り物にした杉村太蔵は事前に排除されていただろうから。

 

 

僕が現役時代のことだ。役員の担当替えのときに12ヶ国の大使公邸の集合住宅の管理責任者に指名された。僕の最初の行動は1961年に発効した《外国関係に関するウイーン条約》を読むことだった。仰天した。大使館や公邸は治外法権そのものだった。大使や家族そして公用車の運転手までが公邸の敷地に入れば日本国の法律は及ばない。ある大使公邸で子供の火遊びで小火が出たときだった。大使か夫人の許可を得なければ僕も消防も傍観するだけだ。このときに公邸管理人の上原氏(敢えて名前をだしたのは感謝のしるしです)が大使夫人と早急に連絡を取ってくれたのが大事を回避したのだった。ソウルやプサンの日本の公館の前の慰安婦像はウイーン条約違反なのは明白だと思う。国際条約違反の韓国に毅然として対応しなければ世界の失笑を招くだけだ。

Lauburu | 東京で | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

思うこと〜2016/1/10

《青学・原監督のコミュ力は何がスゴいのか〜体育会系特有の服従文化を徹底的に打破(東洋経済)》:僕は現役時代に社員の配属の打診を人事から受けたとき体育会系は拒否した。《なぜなのですか》《忠犬ハチ公五匹よりも自説を待つ一人のほうが貴重だから》《人手が足りなくなっても補充はしかねますが》《君のような小役人が組織を駄目にするのだよ》。住宅設備会社の役員のとき投資案件を提案したときだった。現場代表の学校出2年目の女性が滔々と計画の矛盾点を述べ始めた。並み居る男性社員は下を向くだけ。僕は彼女の原稿を貰って熟読した。一週間後の会議で僕は全面降伏した。スタッフの意欲のためには面子という言葉は僕には無縁だ。

《日本の駐韓大使ら一時帰国へ、「慰安婦」像設置に対抗(BBC News )》:                  《いすかの嘴の食い違い》とはこういうことかと笑い出してしまった。内政麻痺の韓国は反日運動で憂さ晴らしをしたかったのだろう。まさか《謝罪大好き人間》の日本が強面に出るとは思っても居なかったので周章狼狽のご様子。《人の弱みにつけ込みやがって》と逆恨みだ。日本の主張は間違っていないが韓国の内政麻痺の時期に強面に出たのはタイミングが悪すぎる。僕らの世代は必死に働いて戦争賠償金を支払ってきたので主張すべきことはすべきだと思っていた。村山富市や河野洋平は何を考えて謝罪したのだろうか。論理の飛躍との誹りを覚悟で云います:靖国の戦犯合祀を解消しない限り日本の戦後は終わらないだろう。戦犯とは東京軍事裁判の定義ではなく、250万の兵士の大半を餓死させた僕の定義の日本人への《戦犯》です。

 

 

Lauburu | 東京で | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/43PAGES | << >> |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH